【獣毛】フォックステールのフライマテリアル素材

投稿日:2017.02.23

fishing

毛皮原料・ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」です。

今回は、フライフィッシングのマテリアルとして使用できるフォックステールの獣毛をご紹介します。

フォックステール(きつねの尻尾)素材とは

フォックステールとは、狐の毛皮の尻尾部分を指します。

フォックステールはボディ部分と毛質が異なり、
ハリと光沢を持った、長いガードヘアー(刺し毛)と、繊細なアンダーファー(綿毛)が密生しています。

今回、ご紹介するフォックステールの獣毛素材は、フォックステールの毛質や特性を生かし、
多様な小魚の動きを演出することができます。また、技術の高いダイドカラー(染色)は、発色が良く
水による色落ちやムラの心配がいらない、丈夫な獣毛マテリアルです。

フォックステールの獣毛マテリアルはサーモンのフライフィッシングに人気があります。

アンダーファーで再利用

アンダーファーで再利用

端切れで、ウェットフライの
ウィングや、ファーハックル
にもご利用いただけます。

サーモンフィッシング

サーモンフライには人気のマテリアルで、ストリーマーは勿論、
チューブフライや、ウォディントンフライのマテリアルとして利用できます。

フライフィッシングにオススメ!フォックス尻尾素材の獣毛マテリアル【15種類】

フォックステールのフライマテリアル

赤系統の色をまとめた、フライマテリアル向け獣毛素材

ダイドフォックステール: マテリアル [赤系] 1個 \700

染色したフォックスの尻尾部位。フライマテリアルに最適な獣毛。
赤系統シリーズ「ピンク・レッド・ダークレッド」をご用意しました。

白系統の色をまとめた、フライマテリアル向け獣毛素材

ダイドフォックステール: マテリアル [白系] 1個 \700

染色したフォックスの尻尾部位。フライマテリアルに最適な獣毛。
白系統シリーズ「ホワイト・アイボリー・ベージュ」をご用意しました。

黒系フライマアテリアル

黒系統の色をまとめた、フライマテリアル向け獣毛素材

ダイドフォックステール: マテリアル [黒系] 1個 \700

染色したフォックスの尻尾部位。フライマテリアルに最適な獣毛。
黒系統シリーズ「ブラック・グレー・ブラウン」をご用意しました。

青系統の色をまとめた、フライマテリアル向け獣毛素材

ダイドフォックステール: マテリアル [青系] 1個 \700

染色したフォックスの尻尾部位。フライマテリアルに最適な獣毛。
青系統シリーズ「ブルー・パープル・ダークパープル」をご用意しました。

緑系統の色をまとめた、フライマテリアル向け獣毛素材

ダイドフォックステール: マテリアル [緑系] 1個 \700

染色したフォックスの尻尾部位。フライマテリアルに最適な獣毛。
緑系統シリーズ「グリーン・ダークグリーン・カーキ」をご用意しました。

handmadebunner

その他多種、獣毛マテリアル、毛皮素材を揃えております。是非オンラインショップをご覧ください。
以上、毛皮原料・ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」でした。

フライフィッシングが好きな方にオススメの記事

北海道とエゾシカの共存問題と弊店新商品について

【活用】冬毛のエゾシカでフライマテリアル

豊かな生物多様性の保全と、持続可能な利用を図るためにエゾシカの保護管理計画が策定された北海道。

今回はそんな北海道のエゾシカ(蝦夷鹿)問題を通した知識理解と、エゾシカを用いた弊店の商品をご紹介します。

昔ながらの毛皮の魅力を再確認。【冬のアクティビティに】

冬キャンプに活躍できる多機能な「腰皮」を自作した。

先達が生み出した「腰皮(別名尻皮)」を見つめなおす第2回目のコラム。
ファーデザインで販売している毛皮素材を使用して、
アウトドアや普段使いができるようアレンジを施した、カジュアルな腰皮のDIYしてみました。

釣りを通して自然と触れ合う。

タイイングのようにフライマテリアルで選ぶフライパッチ

近年、姿を消しつつあるムートンのフライパッチ。
軽さや水はけの良さは勿論、トラディショナルなスタイルを好むトラウトアングラーにはムートンのフライパッチは必需品ではないでしょうか。

そんな方にお勧めする、ファーデザインの素材を使って作るフライパッチ制作の記事です。