ファーはぎれでつくる!手作りファーソックス

投稿日:2017.11.26

fursocks-illust

毛皮原料・ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」です。

今年の冬のトレンド、足元を華やかにしてくれるファーが付いた靴下「ファーソックス」。
今回は針や糸を使わず、簡単にハンドメイドできる、
誰でも作れる「ファーソックス」の作り方をご紹介します。

ファーソックスを作るのに必要なもの

ファーソックスをDIYするのに必要な素材・道具はこれだけ!

今回使ったのは、フォックスファーのはぎれ素材

お好みの靴下とお好みのファー

デザインに応じて取り付ける金具(今回はスナップと土台のレザー)

グルーガン(ホットボンド):ホームセンターや100円ショップ等で販売。

【簡単】ポンポンが可愛いファーソックスの作り方

mudage200

余分な毛(ムダ毛)を取り除きます。

毛だらけにならないためにも必要な工程です。
手で毟るほかに、ガムテープを使って取り除くこともできます。
衣類とファーを合わせる時は特に注意が必要です。念入りにやりましょう。

mudagesasie

毛の処理を行っている間にグルーガン(ホットボンド)を温めておいてください。

温まったグルーガンで角をくっつける。

下図点線部分を折りたたみ、丸くしていきます。接着剤を角において…。

hotbond1

ギューっと抑え込んで。中心へ向かって、折り込みます。他の角も同様に、接着していきます。

hotbond2

穴を埋めて、土台をつける。

折りたたむと、その折りたたんだところに空間が開いてしまいます。
その穴を隠すように接着剤をつけ、土台をつけます。

土台は、レザーとスナップを縫い付けたものです。グルーガンで接着するだけなので、

合皮のレザーやお手頃なフェルトや布の端切れ等、どのような素材が土台でもOK!

hotbond3

靴下にスナップをつけます。

土台をつけたら、プラスチック製のスナップを靴下に縫い付けて完成です。

ファーソックス完成!

hotbond4

ポンポンの取り外しが可能な、洗濯できる優れもののファーソックスです。
皆さんも自分だけのファー付きソックスを作ってみてくださいね。


ファーソックスのファー素材なら、ファーデザイン。

その他ファー素材も「FURDESIGN(ファーデザイン)」で販売中!

今回使用した素材「ダイドフォックス ファー ミックススクラップ」
30g \1,000~

濃い色で染色されたフォックスのはぎれファー素材(ミックス)です。
グラム売りで、量が多いほどお得です。その他、ファーミックスも販売中。



フォックスでポンポンを制作する場合、テールファーをお勧めします。 尻尾はボリュームがあり、ふんわりポンポンが作りやすいですよ。 ポンポンが作りやすい、フォックスファーの尻尾素材は下記から。

farsocks-item2 farsocks-item3

ファッションの一部アクセントにお使いいただけるファー等、
手芸やハンドメイドをする皆様の味方となるファー素材・ファー生地を販売・提供いたします。

気になる方やファー素材をお探しの方は、是非ファーデザインのオンラインショップをご覧ください。

handmadebunner

以上、毛皮原料・ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」でした。

ファー素材を扱うハンドメイド好きさんには、この記事もおすすめです。