冬キャンプに活躍できる多機能な「腰皮」を自作した。

投稿日:2016.12.19

毛皮原料・ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」です。

20161216-top

以前「尻皮」について記事にしましたが、今回は少し丈が長めの「腰皮」。
前回の制作にアレンジを加えた応用編です。下記からご確認いただけます。

尻皮と腰皮に本質的な大きい違いはありませんが、
今回はアウトドアや普段使いができるようアレンジした、腰皮のDIYを紹介します。

腰皮アレンジして作ってみた

狩猟する人には馴染みのある腰皮ですが、 今回は腰巻のようにカジュアルに制作をしました。

20161216-kosikawa reversible

今回は使用したのは、毛刈りした黒色のラム毛皮。

裏面が皮加工の施した、いわゆるダブルフェースなので、
気分で毛の面、皮の面とリバーシブルの2Wayでお使いいただけます。

本来の腰皮のように雪の上や土の上に座っても汚れません。
ラム毛皮は柔らかく馴染みのある触り心地。もちろん保温性もバッチリです。

20161216-kosikawa4

また、使い勝手を考えて、ベルトの位置を6段階に変えられるよう制作しました。

belt2

前回尻皮と同様、ナイロンベルトをミシンで縫い合わせたものです。
使用素材は黒い毛皮なので、バンドはロゴスさんのナバホコンプレッションテープを使用しました。

⇒毛皮の縫い方はこちらの記事で詳しく特集しています。

レザー面で焚き火用のエプロンにしたり、ベルトを抜き外してマットにしたりとアイデアひとつで多機能なアイテムになります。

毛皮の魅力を最大限活かしてみませんか?

いかがでしたか?

このアレンジ腰皮一つあれば、冬を豊かに過ごせること間違いなしです。

素材の値段もそこまで高価でなく、お手軽に制作できるのも魅力です。
なおかつ自分好みのいろいろな使い方ができますので、
コストパフォーマンスの高さも窺えますよね。

通販で素材を買い、自作することで自分好みの尻皮や腰皮を手に入れることが可能です。購入を検討されてる方は作ってみてはいかがでしょうか。

今回使用した素材はFURDESIGN(ファーデザイン)で販売中!

シェアードラム スキン ¥3000

独特の風合いに毛刈りを施したラムの毛皮原皮。
裏面はナッパ加工のダブルフェースのため両面が使用できます。


売切れ

その他、使える毛皮素材はFURDESIGN(ファーデザイン)で購入できます!

シェアードベビーラム スキン ¥2000

独特の斑紋が特長の、短く毛刈りしたベビーラムの毛皮原皮。
裏面はナッパ加工のダブルフェースのため両面が使用できます。


毛皮素材をお探しの方は、是非ファーデザインのオンラインショップをご覧ください。

handmadebunner

以上、毛皮原料・ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」でした。

この記事を読んだ方にオススメの記事

釣りを通して自然と触れ合う。

【自作】オリジナルのムートンフライパッチ

近年、姿を消しつつあるムートンのフライパッチ。
軽さや水はけの良さは勿論、トラディショナルなスタイルを好むトラウトアングラーにはムートンのフライパッチは必需品ではないでしょうか。

そんな方にお勧めする、ファーデザインの素材を使って作るフライパッチ制作の記事です。

優れた化学繊維の裏に隠された問題と毛皮素材を見つめ直す

【極寒作業に】毛皮を使った防寒手袋

近年、科学技術の進歩により化学繊維は進化をとげました。
しかし便利は必ずメリットばかりとは限りません。
大自然と共に生き抜く術を見つめなおし、極寒の真冬を生き抜く
環境にやさしい毛皮の防寒手袋をご紹介します。