バッグチャーム作りに使えるファー生地9選

投稿日:2018.10.12

ファー生地をはじめとした、ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」です。
鞄を着飾るために生まれたバッグチャームは、大人のおしゃれ女子の必須アイテム。
そんなバッグチャームの歴史と、この秋冬シーズンでシンプルなカバンを自分好みにアレンジしたい方、バッグチャームのハンドメイドに挑戦する方に向けて、オリジナルのバッグチャームづくりで使うファー素材を特集します。

バッグチャームと呼ばれるまで

bagcharm_image

かつて魔除けのシンボルなど、小さなペンダントトップに扱われる金属のアクセサリーパーツを指していた「チャーム」ですが、時代の変化と共にアクセサリーパーツの種別ではなく、いつからか「付けるアクセサリー」そのものを表す言葉の一種となりました。 チャームという単語は、近年のハンドメイドブームや、ファッション雑誌でも幅広く使用され、少しずつアクセサリーの種類・カテゴリーのひとつとして、浸透していきました。 その中でも、バッグの付け根部分や持ち手、ファスナー部分を可愛らしくおしゃれに装飾するアクセサリーチャームのことを「バッグチャーム」と呼ぶようになり、今日に至るのです。

今回はバッグチャームの中でも「キャラクターチャーム」と「ドールチャーム」の2つに焦点を当て、ファーチャームやバッグチャーム作りに使える安価なファー素材、ファー生地をまとめました。

キャラクターチャーム作りで使えるファー素材

キャラクターファーチャームのイメージ図

化け物や未確認生物などモンスターを表現したファーのバッグチャームは、某F社がとても有名です。ボリュームがあり、見栄えするようなチャームを作るのであれば、弊店のフォックスファー素材がおすすめです。

  • bluefoxtail

    ブルーフォックステールスクラップ
    毛先の一部が黒く、毎日のファッションと合わせやすいくすんだ色味のホワイトが特長のブルーフォックスファーのもっふりとした、しっぽ部位。目玉や口などお好みの装飾を施して作る、あなただけのモンスターチャームづくりにも持ってこいです。
    販売ページへ
  • foxlongscrap

    フォックスファーロングスクラップ
    サラサラとした手触りの長い毛足を持つ、全色現品限りの良質なフォックスファーのはぎれ。元々衣料用として扱われているプロが使う素材のはぎれなので、毛は非常に滑らかで、思わず撫でたくなるような、愛らしいチャーム作りに向いています。
    特集ページへ
  • foxtailscrap

    ダイドフォックステールスクラップ(ミックス)
    フォックスファーのはぎれ素材。染色されたフォックスファーを中心としたアソートになっており、様々な大きさのしっぽ部位が入ったファーのはぎれ。毛量があり、モンスターチャーム作りなどにオススメ。
    販売ページへ

フォックスファーのスクラップからお好みの大きさのポンポンに装飾を付ければ、簡単にあなた好みのモンスターチャームが完成します。フォックスファーは長い毛が特長ですが、特にしっぽの部位はボリュームがあり、ファーチャームに使用すればインパクト絶大です。

ドールチャーム制作にオススメのファー素材

dollcharm_image

人型のお人形に好きな洋服を着せるドールチャームは、冬になるとファーを付けるのが王道です。某D社のような海外ブランドでも人気の高いドールチャームは、髪の毛には長い毛足が華やかなフォックスファーやミンクファーを、お洋服部分には短毛で柔らかくふわふわなレッキスファーが使われていることが多く、 着せ替え人形のようにおめかしする楽しさから、ドールチャームはハンドメイドでも女性に人気があります。

  • foxlongscrap_black

    フォックスファーロングスクラップ(ブラック)
    黒に染色されたフォックスファーのはぎれ素材。黒く艶のある毛並みに、柔らかく滑らかな手触りはドールチャームの髪の毛部分やお洋服部分に十分使えます。
    販売ページへ
  • rexrabbitscrap_black

    レッキスファースクラップ(ブラック)
    黒に染色されたレッキスファーのはぎれ素材。短毛で、とろけるように柔らかく滑らかな手触りはドールチャームの髪の毛部分やお洋服部分に人気があります。
    販売ページへ
  • minkufurtail_darkbrown

    デミバフミンクテール(2種類サイズがあります)
    艶と厚みのあるふわふわが特長のデミバフミンクファーのはぎれ素材。濃厚な大人っぽいダークブラウンが、ドールチャームのお洋服や髪の毛部分などワンポイント使いに◎
    販売ページへ
  • foxscrap_pink

    シャドーフォックススクラップ(ピンク)
    ハッキリとしたピンクに染色されたシャドーフォックスのスクラップ。さらりとした毛並みで、ドールチャームのお洋服や髪の毛のアクセントにおすすめです。
    販売ページへ
  • rexrabbitscrap_mix

    レッキスラビットスクラップ(ミックス)
    様々な色に染色されたレッキスファーが入ったはぎれ素材。複数の色を少しずつ使いたい方にオススメで、ドールチャーム作りなど小物ハンドメイドにどうぞ。
    販売ページへ
  • foxscrap_mix

    ダイドフォックススクラップ(ダークミックス)
    暗い色を中心に染色された、さらっとした手触りのフォックスファーはぎれ素材。複数の色が入ったミックスのファー素材なので、ちょっとずつ沢山の色が欲しい方も嬉しい。
    販売ページへ
 

フォックスファーやレッキスファー、ミンクファーなど弊店で扱われている多くのファー生地がドールチャームに使えます。某D社のように海外ブランドでも名高いドールチャームは、髪の毛部分に長い毛足のフォックスファーで華やかさを、お洋服部分には短毛で柔らかくふわふわなレッキスファーが使用されています。 全身にファーをまとった、お人形型のバッグチャームを作る時にお使いください。

チャーム作りは、天然素材のふわふわなファー生地を使いませんか?

bagcharm_minkfur_image

いかがでしょうか。バッグチャームづくりに欠かせないファーにも種類がたくさんあります。
例えば、動物をイメージしたアニマルチャームのように、小さなチャームをつくる場合は「ミンクファー」や「レッキスファー」「フォックスファー」などの手ごろなファー素材を使うのがおすすめです。バッグチャームの他にも、チャームはアクセサリーにも使えて個性を主張します。

【簡単】ハギレ素材でハンドメイド!ファーポンポンの作り方

弊店では、初心者の方でも比較的簡単に作れると言われる、小さなミンクファーポンポンづくりについて作り方を詳しくご紹介しています。

丸の大きさを変えればクマモチーフなど簡単に作れるようになります。とくにミンクファーは、丸く造形しやすく、初心者の方でも扱いやすい素材です。オリジナルチャームづくりが初めてという方は、球状で表現できるチャームづくりからはじめてはいかがでしょうか。

天然ファーは同じ一枚の原皮でも、部位や染色の具合は変化します。 オーダーメイドのような世界に一つの作品を作ることができます。ブランドのファーチャームを買うよりも安く、お好みのはぎれファーを活用して、あなただけのオリジナルチャームをつくりませんか。

以上、毛皮原料・ファー素材販売の「ファーデザイン(FUR DESIGN)」でした。

関連するオススメ記事

ファーの種類や見分け方が分からないあなたへ

ファーの正しい見分け方【毛皮の種類、間違ってませんか?】

「ファーを扱いたいけど、初心者なのでどれがどのファーか判断ができない」
そんな方に見てほしい、手芸で人気のあるミンクファーやラビットファー
フォックスファーの3種に注目し、特長や見分け方のコツをご紹介いたします。
ファーは毛が違えば価値も変わります。間違った作品作りが無いようにファーについて学びましょう!